« 第10回北九州市手話フェスティバル | トップページ | ボーナス »

えっー! しらないの

先々週だったっけ
ある会館の建物のトイレにいた時
小学生ぐらいの男の子が駆け込んできて
手を洗おうとして あれっ!
水の出し方がわからないでいる

別の男性が
「蛇口の下あたりに手を置くと
水が出てくるよ」と教えていた。

「えっー! しらないのかな?」
「こういう蛇口・水道は初めてなのか?」
確かに最近は、公共施設とか駅等は
蛇口の下に手を持っていくと
センサーが反応して、水が一定量流れる
機種(システム)に変わってはいるが・・・
家庭や学校は蛇口をひねる
タイプだからだろうか・・・

以前、私も一度
水の出し方がわからない建物があった。
九州大学の筑紫キャンパスの建物である。
蛇口をひねるタイプでもなく
(蛇口はついていない)
センサー反応タイプでもない
(センサーがみあたらない)
結局は、洗面台の下にペダルがあり
それを踏むと水が流れる仕組みになっていた。
全く閉口した。

手話で「水」という表現に
蛇口をひねる状態を表すものがあるが
この手話も時代とともに
変化していくのだろうか・・・?

|

« 第10回北九州市手話フェスティバル | トップページ | ボーナス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198803/17321739

この記事へのトラックバック一覧です: えっー! しらないの:

« 第10回北九州市手話フェスティバル | トップページ | ボーナス »