« 医療費控除 | トップページ | ロフト オープン »

交通カード

九州もいよいよ交通カードが
電子マネーの時代に突入した

2008年10月19日にスタートしていた
nimoka=ニモカ(西日本鉄道株式会社)に
2009年3月1日から
SUGOKA=スゴカ(九州旅客鉄道株式会社)
そして2009年3月7日スタートした
HAYAKAKEN=はやかけん(福岡市営地下鉄)と
3種類であるが、来春からは
Suica=スイカ(東日本旅客鉄道株式会社)
も含め相互利用が始まる為
それぞれを保持する必要はなく
生活状況・環境に合わせて
ひとつに絞ればいいと思う
(勿論買い物カードとして利用する場合は
利用できる店舗がそれぞれ限られてくるが)

相互利用が始まると
JR駅まで西鉄で行き
JR九州に乗り福岡(博多)まで行き
市営地下鉄で福岡空港まで行き
飛行機で東京(羽田)へ行き
東京モノレールで浜松町まで出て
JR東日本に乗り換えるというコースが
飛行機(航空券)を除いて
一枚のカードで可能になる

一般の方には、本当に便利になるが
視覚に障害を持つ方々には、
まだまだ、利用のし易さの問題が
多々残っている。例えば
・タッチさせる部分・場所がわからない
・金額の残高が解らない
・障害者割引(半額)時の対応が可能か?
・チャージ機器の点字、及び音声対応は可能か?
・専用改札機までへの点字ブロックはあるのか?
・改札口の乗車(入場)口か降車(退場)口か?
 の区別、案内・チャイム
・従来型「併用機」とICカード「専用機」
 との区別の問題
・盲導犬を連れた人への開閉時間の問題
・その他等々である

ちなみに今回のカードの大きさ・型は全て
同じである為、触っただけではカードの
区別はつかないので
ユニバーサルにはほど遠い

皆さんは、どう思われますか?
上記問題の解決方法があれば
アドバイスをお願い致します。

Photo_6 Photo_7

|

« 医療費控除 | トップページ | ロフト オープン »

視覚障害者・点字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198803/44272082

この記事へのトラックバック一覧です: 交通カード:

« 医療費控除 | トップページ | ロフト オープン »