« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

癌の転移

親父と毎日同じ物を食べ
(食事をしてきたのに)
何故というのが、口癖になってきていた
またおふくろは若い頃から今まで
大きな病気も経験した事がなかったという
親父は逆であったが
いろいろな方から話を聞き
若い頃病気(大きな病気)を
よくした人達のほうが
今は元気にしている(年をとっても元気だ)
という状況から
若い頃に病気をしといた方が
心配しなくていいよと言うのが
持論にもなってきていた。でも
おふくろも四国の八十八箇所巡りに行っていて
たった一回の検診を受診していなかった為に
今回のような事になってしまって
本当に悔やまれる
私は神などいないと思った

母の入院していた病棟は
ナースコールをすると
「エリゼーのために」が流れる
この音楽「エリゼーのために」が
今も耳について離れない。
又心電図の機械等の異常を知らせるピッピッピッ
という音が、今でも耳に残っている

今回の母の闘病の件で
現在問題視されている
医療現場も垣間見る事が出来た
むやみやたらにナースコールをする患者
看護士さん達も、これでは敵わない
入院看護も事務的に事をこなすだけの
看護婦とさまざまであるが・・
また、若い看護士さんがベテランの方から
やかましく言われているのにも遭遇した
でも、ここの職場では
あえてそれを認めざるをえない
一つ間違うと
死に至る事になるかもしれないから・・

さて最後に、おふくろの病気は
癌の転移によるものであったが
あそらく30~40年も前に
ガン研究会なるものができているが
未だにガンで亡くなる者が後を絶たない
厚生労働省も税金の無駄使いをしないで
自分の私服を増やす事に力を注がないで
こういう病気の治療の研究に
もっと予算をさくべきであろうと思う
ガンで亡くなる日にちは(白血球の数等から)
ピタリと予想できるのに
何故! 何故! 
ガンの撃滅を化学的に解明できないのか???

母がなくなった翌日、同じ会員のお母さんが
肺癌で亡くなられた、母の存在感は大きく、
いつも座っていた椅子に母の姿が無いと言う
ことは本当に寂しく感じます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

命日

久々の書き込みである
おふくろが6月11日(木曜日)11時30分に
亡くなった。81歳であった
3年前の6月に大腸癌の手術をした為
それからちょうど3年である
私が2年前、ここ北九州市に戻って来た
大きな要因がこれであったが・・・
普通一般的に癌は、5年間持てば大丈夫と
言われていたが・・・叶わなかった
通院・抗がん剤投与・入院と続けて来て
最後の入院が5月12日からで
余命一ヶ月の母親であった
上の姉は、旦那をやはり癌で亡くしていた為
現実的であった
「現実を直視しろと言われた」
下の姉は奇跡が起こらないかと神頼み
手かざしの状況であった
私と言えば、何もしてやれない
無力さを痛感し落ち込むだけであった
「会わせたい人がいれば
会わせておいて下さい」
「今夜から、明日が山でしょう」
という医者の言葉であきらめていても
本当に奇跡が起こるなら
すがりたい気持ちであったが・・

あじさいが満開になり
雨の日には益々鮮やかさを増すであろう
紫陽花は私も大好きな花であるが
この花がおふくろの「命日」の
到来を知らせる花になってしまった

さて「命日」って意味、解りますか?
「命日」とは、その人が
人生の目的を達成した日と印されるという
おふくろは、
まだ長生きしたかったと言っていたが
たかが80歳ぐらいでと・・・
「今夜か明日が山です」と言われたが
おふくろはあえて「11日」を
自らの意志で選択したのだと思った
その日は自分の兄弟
長男の兄の命日でもあった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月6日はロールケーキの日

「6月6日はロールケーキの日」らしいです
なぜ?  「ロールケーキ」の「ロ」と
「6」がくるくると巻いているイメージから
6月6日を「ロールケーキの日」
としたとの事です

小倉にはたくさんのロールケーキがあって
「小倉ロールケーキ研究会」と
言う組織もあり、
今年もこの日を含む期間中にお菓子屋さん
喫茶店・カフェ・ホテルなどの協力で
ロールケーキに関する特典をつけてもらう
「ロールケーキまつり」をやっています
特典期間や内容はお店によって異なります

また6月6日(土)~7日(日)には
小倉駅前I’m10階イベント広場で
市民公開ロールケーキ食べくらべ会(6日)
限定300本のロールケーキの半額販売等
スイーツ好きには見逃せないイベントです

小倉ロールケーキ研究会
http://www.kokura-kurukuru.com/news/0514.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »