« 臓器移植法改正案 | トップページ | 紫川 »

ゆずり葉(2)

2009年4月8日(水)付
朝日新聞天声人語より転載(以下)

ユズリハという木をご存じだろうか
若葉が出そろったのを見届けて古い葉が
落ちることから、この名がついた
生命力を譲る、勢いを絶やさない縁起物として
祝い飾りにも使われる
▼全日本ろうあ連盟が、創立60周年の
記念映画「ゆずり葉」を作った
世代を超えて引き継がれる、ろう者差別との
闘いを、切ない恋や親子の愛を通して描いている。
6月から各地で上映会がある
▼主演の庄崎(崎は山へんに竒)隆志さんら
ろう者と、今井絵理子さんら健聴者の役者が
手話のセリフを使って演じた
聞こえず、話せない世界がどんなものか
健聴者の一見をお勧めしたい
早瀬憲太郎監督は「聞こえても聞こえなくても
楽しめる、新しい映像文化の可能性を
探った」という。自身もろう者だ
▼海外のテレビで「刑事コロンボ」を見た人が
言葉を解せぬもどかしさをぼやいていた
「犯人は分かるのに動機がちんぷんかんぷんだ」
と。字幕のない日本映画やテレビ番組も
ろう者には味気ないものだろう
▼外見で分かりにくい聴覚障害は
不便も実感しづらい
救急車を呼ぶのもメールかファクス
それも知人を介してと聞き、
ようやく深刻のほどに思いが至る
ろう者の権利や福祉を広げる運動は
文字通り命がけだった
▼今では、聞こえなくても車を運転でき
資格の壁も崩れてきた
薬剤師の先駆けとなったのは
早瀬監督の妻久美さんだ
聴覚に限らず、ハンディを負う人が
生きやすい社会は高齢者にも優しい
日本語の字幕を追いながら、ユズリハの営みを
一人でも多くに伝えたいと思った
 

http://saga-aiai.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-a7cd.html

ゆずり葉といえば
母の葬祭をお願いした「ベルコさん」の
マークがこの葉、だったような・・・

|

« 臓器移植法改正案 | トップページ | 紫川 »

手話の会・聴覚障害者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198803/45682823

この記事へのトラックバック一覧です: ゆずり葉(2):

« 臓器移植法改正案 | トップページ | 紫川 »