« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

上海旅行 上海の風10

さて10月になるので
上海万博も残り一ヶ月となる
北九州空港からもチャーター便が
飛ぶらしい、それで
今日は途中下車して
「上海旅行 上海の風6」の
最後あたりで触れた
日本人経営で安心という
足つぼマッサージサロン「桃源郷」の
場所について詳しく紹介しておこう

場所は簡単に言うと南京東路
南京東路の歩行者天国近くである
一番近い地下鉄南京東路駅
この駅は地下鉄2号線と10号線の
交差駅(乗り換え駅)になっている
この2号線の1番・3番・4番出口が
南京東路の歩行者天国に隣接している
一番近いのは4番出口である
4番出口を出て、右へ行くと
すぐ歩行者天国へ出るので
それを左へおれ100m程進むと
日本でおなじみの吉野家が
左手にあるので、その2軒先の建物である
エレベーターで5階へ上がればいい

3番出口は歩行者天国の端にあたる
1番出口と4番出口は距離的には
あまり変わらないかもしれない
1番出口を出ると右手へ行けばいい
注)地下鉄の10号線で移動してくる場合は
一度、2号線のコンコースまで移動し
上記3っの出口を利用するとよい

1番出口に出た所写真 4番出口付近の看板写真

1 4

| | コメント (1) | トラックバック (0)

上海旅行 上海の風9

観光会社お勧めの伝統工芸品や
お土産売り場にも案内されるが
日本語がしゃべれる人がいるのは
いいのだけれど、私達が見て廻るのに
ずっとついて廻られるのには、困惑する
日本人はよほど金持ちで
勧めれば必ず買ってくれるとでも
思っているのかもしれない??

田子坊は石畳の細い路地を入ると
軒先にテーブルとイスが置かれた
カフェ・バーや雑貨屋等が並び
芸術家が集うアートスペースにもなっている
二階・三階には今も住民が
普段通りの生活をしており
頭上には洗濯物等もぶらさがっている
ただここが、新たな人気の観光スポットに
なっているのかは疑問が残る
場所は万博の会場からは意外と近い

田子坊の写真

Photo

さて夕食は上海料理という事で
どんな物かと期待をした
最初の日が口に合わなかったので
でも今回はまあまあで食べられた
煮込み過ぎたような濃い色をしている物は
やはり味は濃いかったけれど
それ以外の上海料理は薄味であった
最後に鍋が出てきて
蟹が入っていたので
私達は上海蟹と思い込み
本日の観光で一緒だった
同席した岐阜県のご夫婦の方が
私にすすめてくれ食べたが
後からガイドさんに聞くと
それは上海蟹ではなかった
「紛らわしい事をするなよ」と
思わず叫びたくなったが・・

上海料理の写真 岐阜のご夫婦の写真

Photo_2

Photo_3

あっ!そうそうデザートというと
よくスイカが出てくる
朝のバイキングにも必ずスイカは並んでいる
最初の日に一番美味しいと思ったのは
このスイカであった
スイカは安いのかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上海旅行 上海の風8

さて3日目ですが
今日は1日上海市内観光です
おそらく日本人観光客とかの
お決まりのコースだと思いますが

最初は上海ヒルズビル
世界一高いビルという事
上海では森ビルと呼ぶ人達が多いみたいです
ガイドさんが
眼下の景色を見ながら
東西の街並みについて紹介してくれました
ここも入るのに荷物検査がありました
階下のテナント等は
まだ10時前という事もあり
準備をしている状況でした

*上海ヒルズビルの写真

Photo

次は豫園です
街並みでいうと日本の
浅草のような感じでしょうか?
近くにあるお茶の博物館へ先により
少々のお茶を味わいました
そこで一葉茶という、体によい
お茶をお土産に買いました
それからが豫園です
上海随一の観光スポットとしても有名で
明代に造られた
400年以上の歴史を持つ古典庭園
約2万㎡もの面積の中に
40カ所余りの見どころを持ち
中国の古典的な美の世界が
堪能できるのですが、私がこのような
歴史的というか古典的なもの
神社・寺院・建物等には殆ど興味がなく
うまく説明もできませんが・・・

昼食は近くで、小籠包と一緒に
皿に盛られて出てきた物は
料理というより和菓子のような
お菓子みたいな物で 私には
美味しい物ではありませんでした

*昼食の内容写真

Photo_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

上海旅行 上海の風7

私の泊っていたホテルは
「パラダイスホテル上海」
昨年の2月オープンしたばかりで
現地ガイドさんに言わせると
ここのホテルは四つ星というが?
旅行会社・近畿日本ツーリスト
のパンフレットでもBグレード
ホテルとランク付けされてはいるが?
本当に疑問である??疑問が残る??

事件は、その2日目の夜、起きた
今夜はゆっくり湯船に浸かろうと
湯を入れ始めて、いっときたった時だ
湯がちょろちょろとしか出なくなり
急に水の色が変わり
茶色いさびたような水が出はじめた
何なんだ、これは・・・
その日は、風呂は諦めた
*バスに貯まっていく茶色い水の写真2枚

2 Photo_4

とにかくホテルに対しては不満が残った
冷蔵庫も殆ど冷えないし
空調・冷房機がカラカラ音をたてる等
一番は立地条件の悪さである
市街地から少し離れ
一番近い地下鉄の駅からでさえ
歩いて30分程度
タクシーで10分はかかる
パンフレットの内容とは
えらい違いである
ガイドでさえ言う、「あなたのホテルは
不便な所にありますよね・・・」
何故、このような立地条件の
悪いホテルを近畿日本さんは
推奨されているのかが、解らない??
本当に移動には不便であった
又パンフレットの上海地下鉄MAP
には地下鉄10号線が載っていない
という不備が多かった

| | コメント (1) | トラックバック (0)

上海旅行 上海の風6

朝食はバイキングであった
ホテルなのでまともな物が食べられる
であろうと安心はしているが
おそるおそるとしか箸が進まない
あまり見た目で解らない物には手をつけず

さて上海万博へ行く日である
ガイドさんが会場近くの
地下鉄の駅まで送ってくれた
ここからは一人で行動である
入場ゲートへ行ってみた、もうただ
ただ人の多いばかりである
それもたった一地区の入場ゲートに
これだけの数がいるのだから・・・
私も9月になればと思い
日程をくんだのだけど
やはり同じような考えの方が
多かったようだ
今日は平日なのだが、中国人が多いようだ

入場でトラブルがあり
言葉が通じなかったので
かなりの時間を要した
荷物検査はいいのだが
空港なみにペットボトルまで制限している
後からガイドさんへ云うと
そういう時は、
中の物を飲んでみせるといいと言われ
ああなるほどと納得した
とにかく入場だけで疲れた・・・

私が回ったのが、
中国鉄道館と日本産業館と
生命陽光館に香港館だ
本当に会場内が広いので
移動だけでも大変だった

隠れ鉄ちゃんの私には
中国の鉄道技術にも興味があって
中国鉄道館に行った
中国高速鉄道「和諧号」の事が
中心のようである「和諧」=調和

*中国高速鉄道中国版新幹線「和諧号」の写真

Photo

日本産業館も私の感想では
あまりパッとするものではなかった
中国の方々も2~3時間待って、この内容では
がっかりしているのでは??
どのパビリオンも今や映像(3D)等で
見せる・視覚に訴えかけるものが
展示品より、多くなっているようである

*日本産業館建物の写真

Photo_2
産業館⇒簡体字中国語
又後で触れるかもしれませんが
日本の漢字も、このように
省けて簡単に書けるといいですね

生命陽光館は、万博では今回初めて設けられた
障害者の人をテーマにした展示館である
内容的には、こちらでやられている
福祉機器展等と、
あまり変わりばえはしなかったですね

*棚段を移動する車椅子の写真

1

天気もよすぎるし、足にまめができ
歩き疲れたので、早めに退場する事にした

南京東路へ移動し
ネットで紹介されていた
日本人経営で安心という
足つぼマッサージサロン「桃源郷 」
上海店へ出向いて
足つぼのマッサージだけをうけた
やはり日本の客も多いし
マッサージする方も
片言の日本語なら大丈夫なようである
私のとなりで受けていたのも
日本の女性であった
1時間88元(日本円にして1200円ぐらい)
・桃源郷の場所については
又別記で触れたいと思う

*桃源郷のビルの入口の看板の写真

Photo_3

| | コメント (1) | トラックバック (0)

上海旅行 上海の風5

上海の観光として回った所で
やはり印象に残っているのが
これから周った2ヶ所です

最初が中国版サーカス・上海雑技観賞
中国の雑技団は日本にもよく
公演に来られているので
観光にはならないかもしれませんが
本当に素晴らしい技術・技能ですね
私が一番ヒヤヒヤしたのが
バイクショーですが、巨大な球体の中を
何台ものバイクが走り回る
又クラクションの音を合図に
次の動きに移っていく
それを毎回見事に成功させる
一歩間違えればと思うと・・・
本当に考えられない
練習量だろうと思いました
ここは、日本人のお決まりの
観光コースらしく
やはり日本人の観光客が
多かったみたいですね
公演は撮影禁止です
このバイク等の上海雑技団の技は
Web U-TUBEで見る事も可能です

さてそれから
外灘(ワイタン)の夜景散策です
本当にきれいでしたね 感動です!
いつも小倉北区の魚町の
夜景しかみてないもので・・・
ここは夜・夜景とクルーズがお勧めですね
*外灘 夜景の写真5枚

1

3

5

2

4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

上海旅行 上海の風4

さて最初の中国での食事ですが
中国版しゃぶしゃぶ火鍋という事で
沢山具材が出てきたのですが
並べられた材料がなんなのか
解らないものもあり
おそるおそる一品ずつ食べていきました
食べ放題だと言われましたが
一品ずつ食べた後は
あまり箸がすすみませんでした
写真には出ていませんが
羊の肉とかもあり
私は肉類ばかりを食べていました
やはり私の口には、合わなかったです
日本の料理の方が
本当に美味しいと思いました
これからの食事が心配になりました

*しゃぶしゃぶ料理の写真

Photo_5

あちらではメジャーなのですかね
青島(チンタオ)ビールです
アルコール度数は3度ぐらいでしたか
かなり薄いと思いました
30元でした
日本円にすると400円ぐらいですかね

*青島(チンタオ)ビールの写真

Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上海旅行 上海の風3

さてホテルにチエックインした後
夕方の食事・観光までに
時間がありましたので
ホテルの周り、近くの地下鉄の駅まで
歩いて散策してみる事にしました
出かける時にスコールになりましたが
10分ぐらいでおさまりました

さて街中を歩いていて感じるのは
やはり警笛・クラクションの音・音・音
交通マナーの悪さでしょうか??
この交通マナーの悪さは
後にもふれますが、でもこれは
上海だけではなくて中国全体自体が
こんな感じなのかも知れませんね

歩道のある所はいいのですが
ない所は本当に安心して歩けません
自転車やバイク(地元では電動バイク
というのですかね)が警笛を鳴らして
追い越して行きます
歩道上にもたまにバイクが走ってきます
バイクにしても日本のような
交通規則がないようで
ヘルメットはしていないし
二人乗り等、当たり前みたいです

このあたりには
大きなスーパーみたいなのがないようで
道沿いに並ぶ商店もさまざまです
だが食品だけは、
買おうという気にはなれませんね
日本のように商品の後入れ先出しが
やられているのか等々が、全くの疑問です
又地域によっては香辛料のプンプン
匂っている所もあり
中国にいるのだと、改めて感じました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上海旅行 上海の風2

さて上海へ到着です 定刻です
日本との時差は丁度1時間
計算しやすい数字です

やはり飛行機は初体験だったので
離陸の時は心臓がドキドキしていました
窓際の席に座る事が出来ましたが
殆ど雲の中を飛んでいるようで
真っ白でした
乗客も満席でよくこれだけの
人と荷物を乗せて空を飛ぶものだと
改めて思いました!
飛行機を降りる乗客達の写真

Photo_2

上海浦東(プートン)国際空港
本当に広い空港なのでびっくりしました
さて入国です
ここからは、言葉の壁がつきまといます
とにかく人の流れに沿って入国し
荷物がなくなるという
情報も持っていたので
急いで引き取り場所へ
荷物は無事受取る事が
出来たのはいいのですが
現地ガイドを見つける事が出来ず
本当に少しあせりましたが・・・
ガイドさんの方から
私を見つけてもらいました

さてまずはホテルへ移動です
日本人客のお決まりコース
最初はリニアへの乗車です
上海磁浮列車とキップには表記されています
上海浦東国際空港から
市街地の地下鉄2号線の龍陽路駅まで
30Kmを約7分半で結びます
最高時速431kmで世界最速とされています
私達が乗った当日は300Kを少し超える
スピードしか出していませんでした
(時間帯によるのかな??)
乗り心地は良かったと思いますが
本当に7・8分のあっという間です
リニア普通席のキップの写真

Photo_3

リニア車内の速度表示の写真

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初体験 上海旅行 上海の風1

9月3日金曜日から、私の夏休みでした
今年の目標・予定にしていました
上海旅行に9月5日から5日間
行って来ましたので
これから少しずつ上海放浪記を
掲載していきたいと思います
少しの間ブログネタには困らないかも・・・

台風の心配はありましたが
旅行期間中は天候にも恵まれ
反対に暑いぐらいでしたね
実のところ私
生まれて初めて飛行機に乗りますし
又海外旅行に行くのも
初体験だつたものですから
「初めてのお使いではないですが」
本当にいい経験をしました
私が飛行機に乗った事が全くなかったのは
鉄道ファンである事と、もう一つは
飛行機は落ちたら終わりだという事
(日航の墜落事故等もあったしネ)
だいたいあんな鉄の固まりが
空を飛んでいる事自体が不思議なのである
本当に機長さん達に命を預ける想いです

私は目が悪いので
出発ロビーの配置図等々
できるだけ事前に調べられるものは
ネットで調べて頭に入られていたので
だいぶ助かりました

朝は一番早い空港行きのバスに乗り
出国手続きとか解らない事もあろうと
余裕をもって向かいました
ただズボンのベルトが
金属付きのものだったので
それが引っかかってしまいました
後は、問題なくクリアしました

さあ上海へ出発ですairplane
福岡空港9時50分発
中国東方航空MU-532便です
出札ゲート掲示版の写真です

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »