« 九州全線開通は | トップページ | 手話通訳者 »

「最後かと思った」

手話の関係の仲間である
東京の千代田手話サークルの
Kさんと電話で話す事が出来た
本人さんは無事だとの事
実家の方が福島だと知っていたので
尋ねたが、家族は大丈夫との事だった
メールだが安否は確認出来たとの事
ただ家の中は散乱しているとの事だった

東京に住んでいると
いつきてもと覚悟はしているが
「本当に最後かと思った」という
彼女の言葉が胸を打った

男なのに涙腺の弱い私には
刻々と報じられる地震のひどい状況に
とまどっています
大変な被害になっているようで
言葉もなく涙しかありませんが
まだまだ余震も続いていて
心配していますが
心配するだけで何もできないのが
もどかしい限りです

|

« 九州全線開通は | トップページ | 手話通訳者 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198803/51102227

この記事へのトラックバック一覧です: 「最後かと思った」:

« 九州全線開通は | トップページ | 手話通訳者 »