« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

「阪急電車」

早々29日に
映画「阪急電車」を見に行ってきました
以前この本、原作者「有川浩さん」
の作品を読んだ時
一気に読み上げていました
始まりが面白かったから
元カレの結婚式へウェディングドレスで
乗り込むという内容なので・・

兵庫・宝塚~西宮北口間を
片道約15分で走行する
阪急今津線の電車内を舞台に
それぞれに問題を抱えた乗客たちが
織り成す心温まる
人間模様が描かれている

私達が毎日、毎朝利用している
電車・バスに乗り合わせる人々にも
さまざまな人間模様
ドラマがあるように

私は「西鉄バス」で毎日
片道約30分です
同じバスの乗客の姿も
この4月からまた
ころりと代わりましたが

最後につぶやき
この映画を見に行くとき
知人と行く為に
上映時間を調べた時
前日の28日にならないと
決まらない・わからないと言われ
どうにかもう少し早く
わからないものかと思いましたが・・
T・ジョイ リバーウォークさんへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最低でも・・・

最近思うが、最低でも
やはり70歳までは生きたいなあと

今年の24時間のマラソンランナーに
「徳光和夫」さんが決まったようであるが
彼が丁度その70歳・古希という事である

会社・仕事場のほうで
いま他社とのソフトボールの試合をひかえて
練習を行っているが
先日グランドの調整ミスか
高齢者のソフトボールチームと一緒になった
だがその動きっぶりというか
まだまだ現役に負けない勢いである
最高齢の方の年齢は忘れたが
70歳の古希の方もいた

昔、武田鉄矢さんが
LIVEコンサート等で
「自分の歳を3で割ったら
生きている時間を表す」
と言っていたが
それからすると
72歳が丁度、24時という事になる

最低でも72歳までは生きよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すーちゃん、さようなら

今日はキャンデーズのすーちゃんこと
田中好子さんの告別式・お別れ

年代も近かったせいか
季節事に想い出す歌が
「春一番」「夏が来た」
「暑中お見舞い申し上げます」等々です

追悼番組の放送も始まりましたね
私が見てみたいのは
「8時だよ!全員集合」での
ドリフさん達との運動で
前転をやっている場面ですかね・・

つぶやき
癌で亡くなる人がいないように
医学界には、本当にもっと
頑張ってもらわんといかんな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祈りと希望

東日本大震災の時につぶやかれた
ツイッターに広がった感動の言葉
この集約された本が販売されたので
ツタヤさんで購入した
「祈りと希望」
感動し 勇気をもらい そして涙した

413swudy8cl__aa115__4

税込みで1000円と聞いていたが
999円であった
消費税の計算方法の違いであろうか?
勿論、売り上げの一部は日本赤十字社を通じて
被災地への義援金として送られるとの事

通勤のバスの中で読んでいたが
涙腺の弱い、涙もろい私には
涙なくして読めなかったので
バスの中で読むのは止めた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「俺たちの明日」

東日本大震災
全てが想定外だったのかもしれないが・・
沢山の非残な映像を見せられ

私の頭の中に浮かんだのが
昔のテレビドラマ「まごころ」の
主題歌の歌詞である
西郷輝彦さんの「俺たちの明日」

♪ 朝のこない夜はない
  陽が昇らぬ空はない・・・
  朝のこない窓はない
  陽が昇らぬ街はない・・・

http://www.youtube.com/watch?v=oPcIrJfp7Gg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一ヶ月が過ぎ

23年度が本格的にスタートしましたが
東日本大震災の被災地で
新しいスタートを迎えようとしていた
方々の事を思うと、本当に心が痛みます

遠い九州からですが
救助活動や災害対策にご尽力されている
関係者の方々に深く敬意を表します

「この国のみんなに
笑顔が戻るまで
僕も応援し続けます
日本の力を、信じてる」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手話ダンス

手話ダンスYOU&I北九州の10周年発表会が
リバウォーク北九州芸術劇場であったので
行って来ました
10周年という事です。おめでとうございます

組織的にどんどん
大きくなっていっているみたいですね
やっている公民館等々の数も
増えているみたいですね
もう、手話の会さんとかに比べても
人数も多いのではと思いますよ

それに、地域との繋がりを持って
やっていっているみたいですし
この辺りは見習わなければいけませんね

でも、手話活動を長くやってきた私でも
個人的には、手話ダンスは
あまり好きではありませんが・・・
聴覚障害者の事をぬきにして
ボケ防止の為とかいう
考え方が強いからです

でも、それもそれなりに
認めなければいけないのかなと・・・

当日の写真撮影は禁止でしたので
北九州芸術劇場から
小倉城と桜を写した写真を
アップしておきます

P1010004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »