« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

みちのく物産展

井筒屋で明日まで
みちのく物産展をやっている
「がんばろう日本!応援しよう東北!」

寄り道をして
宮城県の一ノ蔵さんのお酒
特別純米酒超辛口「一ノ蔵」と
発泡清酒「すず音」を購入して帰って来た

本当にちっちゃな応援に
しかならないけれども
今私に出来る事は
こんな事ぐらいです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第64回全国盲人福祉大会4

5日(日曜日)
さて今日は全体集会が午前中あるだけである
又少し早めに出て、歩いて散策しながら会場へと向かう
全国から当事者・ボランティア・スタッフ2千人が集うという
沢山の地元のボランティアスタッフ・高校生が目につく

全体集会は国会議員の演説会のようだった
これが主催者の考え方なら仕方がないが
誰の為の集会なのであろうか?
やはり真剣に考えて頂きたいものだ
おかげで40分も時間が落ち込み
総括・議事は流すような形だった

大会期間中は福祉機器展の展示も行われていて
今回、私が一番興味を持ったのが
「高齢者・視覚障害者用LED付音響装置」である
弱視の私でも、車道の幅が広いと向こう側の信号が
どこにあるのか? 何色が点灯しているのか
解らない時がある、その時は車の流れで判断しているが
この機器があれば助かるし、安全である
この機器の普及に力を入れていきたいが
やはり問題は価格であろう
設置費用は除いて30万円との事であった
この機器は篠原電機株式会社の製品である
ホームページアドレスは

http://www.shinohara-elec.co.jp/
「高齢者・視覚障害者用LED付音響装置」
http://www.shinohara-elec.co.jp/paul/index.html

さて島根県の観光は、以前バスツアーで
境港(水木しげるロード)・出雲大社・足立美術館・石見銀山
には訪れた事があったので、帰途につく事にした
松江市内を少しは満喫出来たかなと思う
本当に水の都と言えるであろう
仲間に松江城に一緒に行こうとも誘われたが
又来てみたいと思うには
行っていない所を残しておく方がいいだろう
本当に静かな街だと思った
まあ県庁所在地で日本で一番人口の少ない19万位だからな
でも8月には東出雲町を合併し
山口市が一番少なくなるとの事
でも?東出雲町は何故出雲市と合併しないのでしょうかね??

お昼に出雲そばでも食べてと思ったが
交流会の時に一口味わったし
単線という事もあり、列車の本数も少ないので
シャミネの中浦本舗でお土産を購入し
(割引券をもらっていたので)
一文字家さんの駅弁「島根牛みそ玉丼」とビールを購入し
バタバタ13時のやくもに飛び乗りました
車内で食べた駅弁「島根牛みそ玉丼」
本当に非常に美味しかったです、お奨めします
写真 駅弁「島根牛みそ玉丼」転載

Photo
そういえば、「特急やくも」ってあんなにゆれるのですね
「振り子電車」だと聞いていたので
あまりゆれないかと思っていたのですが
九州や四国の特急電車とは違いますね・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第64回全国盲人福祉大会3

5日(日曜日)の朝
昨夜の「豊の秋」の酒造会社
「米田酒造」さんががこれも又たまたま
私が泊まっているホテルの近くだったので
翌朝散歩の時に行ってみた
時間が時間だっただけに
酒蔵等は見る事は出来なかった
本当に小さな建物である
この酒一本でやってきているのではと
そんな感じを受けた

続けて散策、赤十字病院の所を通り
(こんな大きな病院がまだ増床するのか?
工事がされているようであるが
工事現場からは、松平藩の埋蔵金は
出てこなかったのかな?)(月支蔵跡?)
写真「月支蔵跡説明」

20110605

隣のローソンに寄って新聞
(一般紙と地方紙・島根日日新聞)を購入
この地方紙は共同通信社を
利用しているものではないようである
地方紙によくあるお悔やみ欄も掲載されている
そういえば島根のライブラリーのSさんが
お悔やみ欄も掲載して届けていると話していたな
日本海新聞というのも並んでいた
このローソンでもう一つ気が付いたのが
島根情報コーナーというものが設けてあり
県政広報誌「フォトしまね」や観光パンフが並べられていた
こちら北九州では見られない光景であった
写真「島根情報コーナー」

201106052

ホテルに戻り、朝食弁当を食べながら
放送されるのが解っていた
BS-TBSのデジタル一番星で
「番組情報やリモコン操作をしゃべるテレビ」
三菱電機の液晶テレビ「REAL」を見た
カーナビの音声機能をテレビに盛り込んだが
開発には、相当の困難があったようである

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第64回全国盲人福祉大会2

4日(土曜日)の朝
散歩でホテルの近くの
カラコロ広場等を散策
朝の6時頃なので
お店等は開いていない
後で解った事ですが
行きたいと思っていた場所が
こんなに近くにあったのですね
写真「ハートの石畳」

20110604

さて歩いて、会場の県民会館へ
この日の集会は
全体会議と分科会と交流会があり
分科会は生活・バリアフリー・職業と三っあり
私はバリアフリーへ参加した
喧々囂々と激しく
論議された分科会もあったようではある

お昼に食べたお弁当「一文字家さん」
お弁当もおいしかったが、興味は・・
弁当箱がバリアフリー弁当箱と言って
五つのユニバーサルデザインが
施されているとの事であった
①割り箸は6時の方向に挟むように入れられている
弁当箱の裏に貼り付けられているタイプではない
②その弁当がどこの物なのか?が解るように
点字で会社名・電話番号が印刷されている
③9時と3時の方向に弁当箱の下に窪みを入れ
片手しかない障害者の方にも
窪みを入れる事によって持ち上げ易くしている
④弁当の蓋の紙を浅くする事によって
開け易い工夫が施されている
⑤見た目には解らないが、
弁当箱の印刷・インクの中に
滑り止めが入れられているとの事
この弁当箱は大阪の
「オリカ産業株式会社」が作成しているとの事
それで、皆さんが集会等でよく使う
お弁当屋さんがあれば
このオリカ産業株式会社さんの弁当箱を
使ってもらうように要望するといいよ
オリカさんのホームページアドレスです

http://www.olica.co.jp
オーダーメード製作事例
http://www.olica.co.jp/odermade_exp.html

夜の交流会は一畑というホテルで開かれた
どうもこの「一畑」というのは
この松江の富豪のようである
「一畑バス」「一畑百貨店」等々
「一畑」というのをよく目にした
そういえば県民会館のステージの緞帳にも
スポンサーとして使われていた

料理の点数には厳しい私ではあるが
松江の味をふんだんに盛り込み美味しいと思った
日本酒の「豊の秋」というのがテーブルに置かれていた
地元のお酒のようである
私はこのお酒と名前が気に入った
ただ単純に私の名前の一文字が
使われているだけではあるが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第64回全国盲人福祉大会

6月の3日(金曜日)から5日(日曜日)
第64回全国盲人福祉大会へ参加の為
島根県松江市へ行って来ました
しばらくブログで報告したいと思います

私は市内近郊観光が目的で
一日早く(3日)に行きました
15時頃松江駅へ着き
その日は玉造温泉の玉湯川沿いと
宍道湖沿いを散策しました

夕方北九州の仲間と駅近くで偶然会い
一緒に、人気があると聞いた
駅に隣接したシャミネの中の1Fにある
「市場前食堂・磯の家」というお店へ
名前のごとく刺身や魚介・海の幸が中心の居酒屋風なお店
中は座敷の席とカウンターなど会わせて
20人くらいしかない小さいお店
観光客ねらいだろうか、料金は少し高めである
磯ガキというのが美味しかったです

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »